読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赴く日記

赴くままに書きマウス

クレジットカードを作る流れ

金融

一般的なクレジットカードを作る流れとしては、まずカードの申し込みを行います。これは、あとで詳しく解説しますが、インターネット申し込みと郵送申し込み、窓口申し込みの3種類の申し込み方法があります。いずれの申し込み方法で申し込んだ後には、クレジットカード会社の方で審査が行われます。

この審査を通過すると、クレジットカード会社からクレジットカードが発行され、自宅に配達されてきます。カードを受け取る際には、本人確認の書類が必要になります。本人確認が完了したらめでたくカードを受領して使い始めることができます。

申し込みからカードが届くまでの期間ですが、一般的には1週間前後ほどでカードを発行して利用開始できるようになります。

しかし、クレジットカード会社によってカード発行にかかる時間は異なりますので、2週間以上かかる会社もあれば、即日発行してもらえる会社もありますので、詳しくは自分が作りたいクレジットカード会社のホームページをみて調べてみてください。また、ここで紹介したのはあくまで一般的な流れですので、クレジットカード会社によっては多少順番が前後したりします。

審査方法もクレジットカード会社によってまちまちですので、ある会社では審査が通ったけど、別の会社では通らないということもありえます。

クレジットカードを作る方法・手順

クレジットカードを作る際に必要な書類

クレジットカードを作る際に必ず必要なものは、本人確認書類と銀行口座、未成年の場合には保護者からの同意書の主に3つです。本人確認書類は、一番簡単に用意しやすいのは運転免許証でしょう。

ほかにも健康保険証や、パスポート、住民票等の書類でもOKの場合が多いです。インターネットで申し込みの場合は本人確認書類を写メって送るだけでOKな場合もありますので、詳しくはクレジットカード会社の申し込み方法を調べてみましょう。

また、銀行口座は、クレジットカード会社によっては特定の銀行口座を持っていないと支払いがてきない場合があります。

現在自分が使っている銀行口座からの支払いができるかどうかを調べる必要があります。もし、自分が使っている銀行口座が支払いに使えない場合は、あらたに銀行口座を開設しなければいけません。

また、クレジットカード会社の種類によって銀行口座との相性があり、相性が良い銀行口座だと、ATM手数料が無料になったり、もらえるポイントがアップしたりと、お得な特典があったりもしますので、チェックしてみるといいでしょう。

保護者からの同意書については20歳以下の未成年がクレジットカードを作りたいといった場合に必ず必要になってきます。

未成年ではクレジットカードをつくれないと思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は学生や未成年でもクレジットカードを作っている人はいっぱいいます。

申し込み方法

クレジットカードを作る際の申し込みの方法は、主にオンライン申込み、郵送申し込み、店頭申し込みの3つの申し込み方法があります。どの申し込み方法でも、基本的に審査が通りやすくなったり、通りにくくなったりすることはありません。

カードが発行されるようになるまでの期間もそれほど大きく違うわけではありません。ただ、申し込みの際の特典があるかどうかが申し込み方法によって異なります。

一番のおすすめはインターネットでの申し込みをすることです。

インターネット申し込みの場合には、お得なキャンペーンを行っていることが多く、入会ポイントをたくさんもらえたりします。店頭での申し込みの場合でももちろんお得なキャンペーンをしていることもあるのですが、ネットのほうが簡単に申し込めますし、お得なポイントも多いです。

なぜオンライン申し込みの方がお得なキャンペーンを行っていることが多いのかというと、おそらくクレジットカード会社がインターネットショッピングを行う人にクレジットカードを使ってもらうことを目的としているのではないかと思います。

そのため、郵送申し込みで特典がもらえるという話はあまり聞きません。よっぽどネットが苦手という人以外はオンライン申し込みを利用するといいでしょう。

虚偽情報を書かない

クレジットカードを作る際に注意することは、申し込みのさいに虚偽の情報を書かないようにするということでしょう。現住所や収入、所帯をもっているかどうかなど、クレジットカードの申込書には書く欄がありますが、かならず間違いのないように記入しましょう。

複数へのクレジットカード会社へ同時に申し込まない

1社でクレジットカードを作る場合にはいいのですが、複数の会社に同時にクレジットカードを申し込むのはやめておきましょう。あまり多くのクレジットカード会社に同時に申し込むと、借り逃げするのではないかと思われてしまい、審査が通らなくなってしまう可能性があります。

信用登録機関にはクレジットカードの申請回数が記録されているので、複数のクレジットカードを申し込む場合には半年以上間を開けたほうが審査に通りやすいそうです。また、一度に複数カードを申し込んでいなくても、すでにクレジットカードを複数所持している場合には、あらたにクレジットカードを作ることができない場合もあります。あまり多くクレジットカードを持っていても管理するのが大変ですし、悪用される可能性も高まります。

必要最低限のクレジットカードを持つようにしましょう。

裏面の署名の欄に自筆で署名する

また、クレジットカードを作った際には必ず裏面の署名の欄に自筆で署名することを忘れないでください。この署名を忘れて署名の欄を空白にしている人が結構いますが、盗難保険の対象外になってしまう危険性がありますので必ずサインしてください。