読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赴く日記

赴くままに書きマウス

合宿免許を使い短期間で免許を取得

うんちく

合宿免許とは、教習所が提携する寮や旅館もしくはホテルなどの宿泊施設に泊まり込み、通常の教習所に通学することによる期間よりも短期間集中で運転免許を取得するシステムです。通学による免許取得の場合は、基本的に教習所側が都合の良いシステムになっています。

つまり、学科スケジュールや技能講習などの都合は教習所主体で、こちら側はそれに合わせて通う必要があるので、場合によっては当初の予想よりも卒業までにかかる日数がはるかに多く費やされる場合もあります。

特に教習所の繁忙期に重なると技能教習の予約は困難になることも頻繁にあり、それが理由でなかなか卒業できないこともあります。

合宿免許の場合はそれと対照的に、こちら側が都合の良いシステムになっています。カリキュラムはあらかじめ、短期間で免許を取得できるように効率的に用意されています。

そして、それに沿って教習を進めれば無事卒業となる、余計な負担の少ない制度なのです。

合宿免許にはいくつものメリットがあります

まず最初に、短期間で免許を取得できるということです。これを最大のメリットとして考えて合宿免許に行く人も多いでしょう。
通学だと早い人でも3ヶ月程度かかりますが、合宿免許では効率が良く無駄の少ないカリキュラムが組まれるため、2週間程度で免許取得が可能になるのです。

次に、料金が安いことです。
ほとんどの教習所では、通学制よりも合宿免許の方が割安に設定されています。宿泊費などを考慮すれば、さらにお得感が強い印象となります。

また、意外と目立たないメリットとしては免許を確実に取得できるということもあります。
通学制だと、最初は意欲満々で免許取得を目指していた人でも、長期間による手間や通学の煩わしさや自分の思い通りにならない教習の予約などのストレスなどを理由に、途中で免許の取得をあきらめてしまう人もいるのです。しかし合宿免許ならば、そのような理由による挫折の心配はなく、さらに集中した教習や周囲の人たちとの情報交換などによって、スムーズに習得していくことができます。

そして、旅行気分を楽しむこともできます。
合宿免許の教習所は数多く、その中から観光地として自分の行きたい場所を選択すれば旅行感覚で楽しむこともできるでしょう。
完全な自由時間はそれほど多くなくても、約2週間の滞在期間中はずっと自分の好きな旅行場所としての気分を感じていることができます。普通の旅行よりも楽しめることができるかもしれません。

最後に、多くの新しい人たちとの出会いの楽しさが挙げられます。
若い男女間の出会いというだけでなく、気の合う新たな友人関係を築くこともあるでしょう。また、予想外に老若男女いろいろな人がいますので、日常でなかなか知り合わないような人たちとの楽しい人生経験談話などの交流が貴重な経験にもなります。

本人確認書類としての身分証明書や住民票そして印鑑や筆記具などは言うまでもありませんが、その他に合宿免許に持って行った方が良いとおすすめできる物を紹介したいと思います。

最初に絶対持っていくべきと言えるのは、健康保険証や常備薬などの医薬品が一番重要です。何よりも健康第一です。マスクや絆創膏などもかさばらないので是非持っていきましょう。

その次に考えるべきは、健康関連用品に近い物もありますが、衛生面のグッズをいろいろと持参しましょう。歯ブラシセットから始まり、ハンカチやティッシュ、ブラシや整髪剤などのスタイリングセットなどは毎日使うので必須です。爪切りも時々使うので忘れずに。男性の場合はシェーバーなどの髭剃りセット、女性は化粧品セットなどもです。宿泊施設に用意されてるはずですが、共同の物に抵抗がある人は石鹸やボディーソープ、シャンプー類などもチェックです。盲点なのは虫除けスプレーと耳かき棒です。全く使わないかもしれませんが、必要だと強く感じる場合があるかもしれないという物です。

便利グッズとしては、延長コードやハンガーをおすすめします。延長コードは電源が複数供給されるタイプにすれば特に便利です。ハンガーも現地では数限りあるものなので必要な人は持っていきましょう。冬の季節にはカイロやスリッパなども役立ちます。

レジャー用品では、パソコン、デジカメ、携帯ゲーム、音楽プレーヤーなどの機械類があれば暇で困ることはないでしょう。最近だと携帯電話1台あれば十分かもしれませんが。
デジタルで楽しむだけでなく、アナログ的に読書する本や他人と楽しむトランプなんかも良いかもしれません。

最後に身の回り品も確認してください。腕時計、メガネやコンタクトレンズ、雨具や傘、財布の中には現金だけでなくキャッシュカードも用意してください。

ある程度のものは、宿泊施設に用意がされていたり身近な人との貸し借り、もしくは現地での購入ができて対応することが出来るかもしれませんが、まず自分が忘れずに確実に持っていくという意識が大切です。

どのような人にとって、合宿免許が向いているとおすすめできると言えるでしょうか。
それを考える大前提として、まずは2~3週間のまとまった時間が取れることが条件となります。このハードルをクリアできる人は限られるかもしれませんが、逆に言えばこのハードルをクリアできるのならばメリットの多い合宿免許に向いている可能性は既に高いと言えるかもしれません。
そして、費用を安く抑えたいと思っている人、旅行気分を味わいながらの時間を過ごしつつ教習を受けたい人、いろいろな新たな出会いを求めている人などに当然おすすめできます。合宿免許のメリットの多さに比例して、それに相応しい人も多くいると言えます。
結局、合宿免許をおすすめできる条件を持った人は数多くいますが、免許取得が何より根本的で最大の目標だということを考えるならば、通学での免許取得は長期間だし面倒だから挫折しそうで自信がないと思っている人に一番おすすめできるのかもしれません。そのような人こそ特に合宿免許が絶対おすすめです。