読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赴く日記

赴くままに書きマウス

御食事処「いしい」で担々麺を食べました

食べ物

本当にこんな処にお店があるのだろうか?
勝浦市営駐車場に車を停め、とことこ歩くこと5分。
前に進めば進むほど細くなる道。おかしい。見つからない。

時間は朝7時です。誰も歩いておらず、辺りは静まりかえっています。
困りました。この道は2度通っています。

もう一度大きな通りに出てから仕切り直しか・・・と諦めかけた瞬間、第一町人(ご老人)を発見し、なんとか場所を突き止めることが出来ました。

ご老人の指示通りに角を曲がっってみると・・・ありました!「御食事処いしい」。
しかし、店構えを観て一瞬考え込みました。

駄菓子屋ではなかろうか。
私が幼少時に通っていた駄菓子屋の風情そのものでした。
でも、壁には担々麺の写真が沢山貼ってあります。

勇気を出して店内に入ってみると・・・、更にビックリしました。
朝の7時台ですよ、7時台。
それなのにお店の半分にお客さんがいたのです。

「お好きな席にどうぞー!」

って、空いてませんが。
相席ということなのかしら。

先客に

「こちらの席に座ってもよろしいですか?」

と声をかけ、一人客のテーブルに着席しました。

店内には4人掛けのテーブルが2つあるだけです。とてもこじんまりした店内です。

お客さんは明らかに観光客と思われる人が3名、それと地元の方1名でした。
地元の方はすでに朝からお酒を注文。一仕事終えた漁師さんだったのでしょうか。
店員さんとおしゃべりしながら御食事中でした。
この方は私のオーダーした担々麺が届いたら帰っていきましたが、この店にはひっきりなしにご近所の方が朝の挨拶にこられていました。
世間話をしながらラーメンを作るというスタイルはとても新鮮でした。

ラーメンの話に戻します。
オーダーしてから10分ぐらいで熱々の担々麺が運ばれてきました。
チャーシューなどの肉はなく、真っ赤なスープの上に玉ねぎと挽肉が載っており、実にシンプルでした。

まずはじめにスープを啜ってみます。

「っっう、ぐは、コンコンコン!」

む、むせます。すごいパワー。辛酸っぱい。
私は辛い物が大好きなのに何ということ!
辛さ的には問題は無いのです。でも、一口啜る度にむせる!
これでは”辛い物が苦手なのに間違ってオーダーしてしまった馬鹿な観光客”になってしまうではありませんか。

違う!断じて違う!

まわりを見渡してもむせているのは私だけです。どうしよう。すごく恥ずかしくなってきました。
そして大量の鼻水。コンコンコン!ズーッズー!の繰り返しでした。

美味しいのにむせる。鼻水が出る。ああ、どうしようどうしよう。
ラーメンを置き去りにして帰りたい。でも美味しいからもったいない。

かなり自分の中で葛藤がありましたが、ふと良アイディアが浮かびました。

私がむせるのはゴマが原因ではないか?と。

麺にからみついたごまが喉を刺激すると推測しました。
ですので、試しに麺をすするのではなく、麺をレンゲに入れ直して食べてみることにしました。

むせない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この方法で汁まで完食してきました。

とても美味しいラーメンでした。
次回はラーメン龍の家を食べてみたいですね。

ごちそうさまでした。


■お店データ

店名:御食事処いしい
住所:千葉県勝浦市勝浦159
電話:0470-73-7153
営業時間:7:00~14:00、18:00~23:00