読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赴く日記

赴くままに書きマウス

私が受けたパワハラの内容

私は今までありとあらゆるパワハラを受けてきました。
怒声、罵声は日常茶飯事でした。具体的には死ね、馬鹿、ルンぺ、糞、役立たずなどありとあらゆることを言われた経験があります。

朝礼で毎朝社長からの話があります。ここで毎日怒鳴られます。怒鳴りながら興奮してきた社長に平手打ちをされました。
それでも怒りが収まらないという事で社長室に個人的に呼ばれ、1時間から長い時は2時間ほど説教され怒鳴られ続けました。ほぼ毎日のようにやられました。

次にやられたことは、お前が営業に行ってもどうせサボっているんだろうといって午前中いっぱい机に座らされ誰とも口を利くなといわれました。
そしてお昼になり社長が来てお前はここに座って仕事もしないで給料泥棒かゴミといわれ怒鳴られました。

また、休日も話を聞きに来いといわれて出社させられていました。もちろん無給です。
その他は帰ろうとするとこんな売り上げで帰れると思っているのかといわれ、ゴミ以下の人間だなどと2時間以上にわたり説教されました。

数年後幹部になると販売会議という会議があり、毎月のように怒鳴られながら物を投げつけられたり、一人ひとり後頭部を平手で叩かれました。
この会議の時間は平均で3時間程です。

これは毎日のことになるのですが営業日報の書き方についても内容がない、文章が長い、短いなどの理由で毎日日報で後頭部をだなられながらたたかれました。
時には計画書を作れといわれ何回もやり直しさせられた挙句、こんなものいらない、要はやる気だといって受け取ってもらえませんでした。
数日後計画書はまだ提出できないのかという事で怒鳴られました。

夏になると強制参加の納涼祭があり行ったら、いきなり裸足になれと怒鳴られ駐車場のどぶ掃除をやらされました。

営業成績が悪いといわれて、営業車を使わせてもらえず台車に商品を載せて歩いて営業をさせられました。
会社に対しての提案や意見を言うように強制されて、提案をしたら、会社にとって有害だといわれて罰金を取られました。

本社からの報奨金をだれのおかげでとれたと思ってるんだといわれ、もらえず忘年会の回避に充てられていたこともありました。