読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赴く日記

赴くままに書きマウス

アンドロイドアプリ Simplog

アプリ

Simplog(シンプログ)は、アメーバブログと連携している、アンドロイドスマホ用のブログ投稿アプリです。

スマホから、ブログを投稿するアプリはたくさんありますが、現在はブログサイトと色々なゲーム機能がリンクしていることが増え、単にブログを投稿したいだけなのに、アプリが重くて落ちてしまったり、携帯がフリーズ、再起動になってしまったりするような、宣伝広告いっぱいのアプリがたくさんあります。

続きを読む

義を貫きストイックに戦った上杉謙信

TV

好き嫌いはありますが、原始~現代までの時代で、もっとも人気が高いのは戦国時代ではないでしょうか?


何といっても戦国武将の方はみなさんとても個性豊か。それに生き方がドラマチック!天下を取るためには味方さえもうらぎったり
人間関係も複雑にからみあってまるで”サスペンス劇場”をみているかのようにハラハラドキドキしちゃいます。

続きを読む

楽天で購入した音威子府そば

蕎麦好きなので、時たまネットで検索して全国の蕎麦をお取り寄せして味比べを楽しんでいます。その中でも私が一押しする蕎麦は楽天で売っている「音威子府そば」です。
まず、見た目の黒々とした麺が最大の特徴だと思います。

音威子府の蕎麦の黒さは恐らく日本一ではないでしょうか。蕎麦の甘皮を含んで曳いているので黒い色が出るとのこと。当然風味が豊かで香りが濃くなりとてもワイルドな蕎麦だと思います。そして麺の香りと歯ごたえに負けないような、風味の強い麺つゆで頂きます。

続きを読む

東京大改造マップ2020

おもしろい本

 

東京大改造マップ2020 (日経BPムック)

東京大改造マップ2020 (日経BPムック)

 

私が「東京大改造マップ2020 6年後の東京をひと足先に歩く──」を読んだ理由。
それは、大きく二つあります。
ひとつは、2020年に予定されている東京オリンピックの際に、わが街東京がどんな進歩、発展を遂げるのか。

続きを読む

私が受けたパワハラの内容

仕事

私は今までありとあらゆるパワハラを受けてきました。
怒声、罵声は日常茶飯事でした。具体的には死ね、馬鹿、ルンぺ、糞、役立たずなどありとあらゆることを言われた経験があります。

朝礼で毎朝社長からの話があります。ここで毎日怒鳴られます。怒鳴りながら興奮してきた社長に平手打ちをされました。
それでも怒りが収まらないという事で社長室に個人的に呼ばれ、1時間から長い時は2時間ほど説教され怒鳴られ続けました。ほぼ毎日のようにやられました。

次にやられたことは、お前が営業に行ってもどうせサボっているんだろうといって午前中いっぱい机に座らされ誰とも口を利くなといわれました。
そしてお昼になり社長が来てお前はここに座って仕事もしないで給料泥棒かゴミといわれ怒鳴られました。

また、休日も話を聞きに来いといわれて出社させられていました。もちろん無給です。
その他は帰ろうとするとこんな売り上げで帰れると思っているのかといわれ、ゴミ以下の人間だなどと2時間以上にわたり説教されました。

数年後幹部になると販売会議という会議があり、毎月のように怒鳴られながら物を投げつけられたり、一人ひとり後頭部を平手で叩かれました。
この会議の時間は平均で3時間程です。

これは毎日のことになるのですが営業日報の書き方についても内容がない、文章が長い、短いなどの理由で毎日日報で後頭部をだなられながらたたかれました。
時には計画書を作れといわれ何回もやり直しさせられた挙句、こんなものいらない、要はやる気だといって受け取ってもらえませんでした。
数日後計画書はまだ提出できないのかという事で怒鳴られました。

夏になると強制参加の納涼祭があり行ったら、いきなり裸足になれと怒鳴られ駐車場のどぶ掃除をやらされました。

営業成績が悪いといわれて、営業車を使わせてもらえず台車に商品を載せて歩いて営業をさせられました。
会社に対しての提案や意見を言うように強制されて、提案をしたら、会社にとって有害だといわれて罰金を取られました。

本社からの報奨金をだれのおかげでとれたと思ってるんだといわれ、もらえず忘年会の回避に充てられていたこともありました。

アルバイト先で、一緒にお昼を食べず、食堂で食べていたら仲間外し

今から、7年ほど前、近隣の市役所
短期のアルバイトの募集があったので
応募しました。


約、8名ほどのアルバイトの人たちが
同室に集まり作業をしました。


最初、2,3日は
楽しく過ごしていたのだが、
ある朝、部屋へ入ると状況が一変していました。


昨日まで、
同じテーブルで仕事をしていた人が
別のテーブルに移っていたんです。


まるで、私と同じ
テーブルで仕事をするのが、
いやと言っているかのようでした。


しかたなく、
何がいけなかったのかと
困惑しながら仕事を始めました。


その日からまわりの態度が
すざまじく変わってしまいました。


いきなり
仕事が遅いの、早くやれの、
と次々とせきたてるんです。


ただでさえ、
一人のテーブルで
いろいろ聞きづらいのに、


なんで、
こんな風に
されるんだろうと思っていました。


でも、さほど
思い当たることもありません。


いろいろ思い悩んでいると
お昼の時間になりました。


私はいつも、市役所内にある
食堂で食べていました。


今日も、そちらへ
向かおうとすると
一人の人が


「こっちで、一緒にたべません?」
と誘ってきました。


えー、仲間外しの
まっただ中で
食べろ!と言うの?


冗談じゃない。
食事がのどを通らないわよ。
と、私は戸惑いました。

その日は、弁当を作ってないから
一緒に食べれないと断わったんです。


そうすると
冷やかな空気が・・・


まさか、お昼ご飯を同じ部屋で
食べないのが気に入らないわけ?


いくらなんでも、
そんな子供じみたこと
ありえないよねと思い直しました。


その次の日も食堂へ
ヤッパリ
それが気にくわない様子です。


これが、原因?かもしれないと思って
長いことパート勤めをしている
友達にきいたら・・・


やっぱり、一緒の部屋で
ご飯を食べないことが
気に入らなかったみたいでした。


とにかく、パートの主婦っていうのは
同じ行動をしないといけない。
という暗黙の了解があるそうなんです。


同じように行動しないと
変な目で見られる。
と友達から言われました。


次の日は、仕方なく
弁当を持参して一緒の部屋で食事しました。
でも、結果は一緒でした。


とにかく、一緒に食べたところで
誰か、楽しく話しかけたりするわけではありません。


こっちから話題をふっても、
必死にその話題を否定に来るありさまです。


例えば、中古の住宅の話になると
「中古の住宅もいいですね。」と私が言うと、
「中古?だめでしょうが!」と目つきを変えて言ってきます。


仕事中も、「早く早く」と
言われ続けました。


注意して比べて見ていましたが、
他の人に比べて、
私がそんなに遅いという感じはなかったです。


ターゲットを見つけて
つぶしたかっただけ
なんだと思います。


あの時の体験が一番嫌な職場でのいじめでした。


他人をつぶすまで
攻撃する人って
本当に要るんだと初めて知りました。

 

職場での出来事いじめ事例

私だけ結婚している事を理由に仲間外れにされた

TBS「生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー “人間とは何だ…!?”」

TV

ちょうど暇な夜だったので約4時間 見続けましたが、後になって録画しておけばよかった、と後悔しました。繰り返し見て理解を深めたい番組でした。


安住紳一郎さんの司会がハキハキと爽やかだったし、松たか子さんの聡明ながらも時折ぽ~っとしたようなレスポンスも好感が持てました。

 

始まって最初の方の話題は、盲目の人の視野を司る脳の部分が どのように活動しているか、ということでした。恥ずかしながら そして失礼ながら、私はこれまで盲目の方々の その部分の機能は完全に失われて活動することなど無いものだ、と思い込んでいましたが、目からウロコが落ちました。失われるどころか、わたしたちと同様(場合によってはそれ以上に)活発に機能しているのだ、ということを知らされたからです。

 

そして聴覚を頼りにして周囲の環境を「見極め」、障害物などを見事に避けて歩くことが可能ということなど、本当にびっくりすることしきり、でした。アメリカには口笛のような音を自ら発しながら その情報を得て自転車を乗りこなすことの出来る盲目男性が居るということ、日本でも盲目でありながら ゴルフの名手が居るということ。映像でしっかりと見せられると信じられない、でも信じざるを得ない・・・と、驚愕の連続でした。

 

視覚に関する追求は、これ以外にも本当に興味深いことばかりでした。脳波を調べることによって その人が今どういう物を見ているのかというのもわかる、というところまで研究が進んでいるなど。普段普通の人には関わりのない知識が 伝えられて感嘆してしまいます。目で捉えている物の輪郭など、思いのほかハッキリと再現することが出来るのです。そのうち昨夜見ていた夢の内容などを再現することが可能になるのではないか と、昔ならまるでSFの世界でしか語られなかった、それこそ「夢のような話」が現実になる日も近いのではないかと想像出来ます。

 

病の治療のため脳の半分を除去する手術を受けた少女の話題も印象的でした。半分取り去ってしまっても、残りの半分で損なわれた機能を肩代わりするという力が脳にはあるということです。本人が意識するしないに関わらず、人間の脳というものは 途轍もない能力を秘めているのだと知り、鳥肌が立つ思いでした。

 

怖い話 深夜のバンド練習帰りに見たもの

怖い話

最近、怖い話を知るチャンネルにハマっているので、自分も怖い話を少しします。

 

あれは2007年の春のことです。

当時私はその界隈ではそこそこ有名なインディーズバンドを組んでおり、活動拠点は専ら新宿付近でした。
普段は平日の午前中に週2回ほど代々木にあるスタジオで練習をしているのですが、その日は大きめのライブが近くにあるということで深夜0時から6時間みっちりスタジオにこもって練習しよう、ということになっていました。
ですが練習を始めて2時間でダレてきてしまいました。

誰からともなく「ご飯買いに行こうよ」と声が上がります。
気分転換にコンビニに行こう、ということでみんなの共通意思が固まりました。
この時コンビニだけ行ってさっさと練習に戻ればよかったものを、当時20歳そこらだった僕らは「深夜なんだし深夜にしかできないことをしようよ」という深夜さながらのテンションで心霊スポットを探してしまったのです。
代々木から歩いて行ける距離といえば、新宿、千駄ヶ谷
そう、有名な千駄ヶ谷トンネルのあるところです。そこまでスタジオから歩いて10分ほどでした。
やめればいいものを実際に行ってみると、もうとにかく雰囲気が異様なのです。

そもそもこのトンネルが墓地の下をくりぬいて作ったというなんとも罰当たりなもので、それは霊たちも怒るだろうと。
しかもトンネルには入口から中までよくわからないイラストがびっしり描かれているのです。
どうやら近隣の学校が描いたものらしいのですが、雰囲気を和ませようとしているのが逆効果になっています。はっきり言って不気味です。
トンネル内部は黄色い灯りがぽつぽつと。一応見渡せるのですが、構造上影になる部分が多いのです。
私たちは「やばいよこれ絶対」とか言いながらもニヤニヤしながらゆっくり中に入っていきました。
雰囲気には最初から押されていたのですが、それ以上に何とも言えない重圧を感じるのです。

そしてトンネル中ほどに差し掛かると、段ボールが重ねられている、要するにホームレスの家がありました。
後あと調べたら有名なホームレスの方だったのですがこの時は違いました。
ホームレスなら、人のはずです。
段ボールから顔を出していたのは、灰色の頭でした。
髪もなく、ただ灰色の球体に白い目が2つ。
口もない。それが手をうねうねさせているのです。
「うわあああっ!!」
誰かが叫びだしました。そしてメンバーみんなで全速力でトンネルを走り抜けます。
「なんだったんだ今の?」
「ホームレス?いや、それにしては」
と皆が見た同じものに対して、どうにも人間とは考えられない異様なものを見たという見解は一致していました。

振り返ると、もう陰に隠れていて何も見えません。
どう調べても、あそこにはホームレスが一人いるだけだという情報しかありません。
私たちが見たような異様な生き物は、報告されていません。
あれはなんだったのでしょうか。
今でも私たちはその正体がわかっていません。

生活の木 エッセンシャルオイル

生活の木は手ごろな価格でエッセンシャルオイル精油)や、アロマに関するグッズ、ハーブ類が購入できる、とても有名なショップです。
扱っているお店も多いことから、購入しやすさでも優れています。

こちらの精油とはアロマクラフト教室で出会いました。
生活の木を取り扱っている薬局で行われた教室だったので、精油のもつ作用や禁忌など、精油に関する詳しいお話が聞けました。

生活の木で夏になると毎年購入するのが、シトロネラの精油です。
シトロネラには強い虫除け効果があることが知られています。
スパイシーな香りなので、最初は敬遠していましたが、柑橘系やフローラル系との相性も意外とよく、ブレンドして使用すると、虫除けということを忘れるくらい、爽やかな良い香りに癒されています。

子どもがまだ赤ちゃんのうちは、アドバイザーさんのすすめで、刺激の少ないゼラニウムやラベンダーで蚊対策をしていましたが、やはり効果が低く、ユーカリの成分を使った虫除けテープと併用して、やっとといった状態でした。

昨夏からシトロネラの虫除けを作って試してみたところ、山の中のキャンプ場でもほとんど蚊に刺されるとこなく、2泊3日を過ごすことができました。
ブレンドしたことで、流行りのパーフェクトポーションの香りに近くなり、子どもも「いいにおいのやつシューして」と喜んでいます。
虫除け特有の嫌なにおいや、有害なディートも含まれないことから、子どもにも安心して使用することができます。
肌に直接スプレーしなくても、帽子や靴下、Tシャツなど、身に着けているものにスプレーしておくだけでも、そこそこの効果が見られたので、肌が弱くても使えそうです。

exeのアロマblogに書いてあったアロマの併用方法を参考にシトロネラと併せて、レモングラス精油も購入しましたが、こちらは単品での虫除け効果は、ゼラニウムやラベンダーより少しはあるかな?くらいで、大きな効果はみられませんでしたが、虫除けスプレーの香りをブレンドする時に使用しています。
光毒性のあるレモンの代わりに、柑橘系の香りとして加えることで、香りに爽やかさをプラスしてくれます。

映画 P.S.アイラブユー

映画

私が今までの人生の中で一番好きな映画は、P.S.アイラブユーという映画です。

この映画は、ある夫婦がいて、ある日突然夫ジュリーが脳腫瘍で亡くなってしまい、絶望した妻ホリー。
自暴自棄になりながらも、30歳の誕生日を迎えたホリーのもとに亡くなったはずのジュリーからの届け物が届きます。
それから、ホリーのもとへことあるごとにジュリーからの手紙やメッセージが届きます。
少しずつホリーは元気を取り戻し、夫の指示通りジュリーの故郷であり、2人の出会いの地であるアイルランドを旅行します。
ジュリーとの思い出の地を巡りながら、自分の心を少しずつ整理していくホリー。

ジュリーからの手紙の最後には、必ずP.S.アイラブユーと書かれていました。
そして、ついに最後の手紙。
実は、夫のからの手紙はホリーの母が受け取り投函していました。
「ホリーは自分の全てだけれど、ホリーの中で自分は一部でしかない。そのことを忘れないで、新しい恋をするのを恐れないで。運命のサインを見逃してはいけない」
ジュリーはホリーが付き合った当初に、新しいものを生み出して世界中に発信したい。と語っていたことを思い出させてくれました。
それから、ホリーは靴のデザインと制作をはじめて、自分のお店を持ちました。

亡き夫の温かい手紙と愛情を抱え、ホリーは笑顔で前向きに自分の人生を歩みはじめました。

この映画を見て、私は涙が止まりませんでした。
ホリーと自分を重ね合わせて見ていたからです。
私の主人は、ジュリーのようにどんな時でも優しく包み込んでくれる存在。
どんなに私がわがままで暴言を吐いてヒステリックに当たっても、そんな私を嫌いにならずにいつも一番に考えてくれています。

いつかそんな彼を失ってしまったら・・・

ホリーの立場を考えただけで、もうどうしようもなく悲しくて辛くて・・涙が止まらなくなってしまいます。
いつも、一緒にいて一緒にいるのが当たり前で、時には優しい言葉よりもひどい言葉を言ってしまったり、ケンカをしてしまったりすることもあるけれど。
でも、後悔しないように、主人といまある幸せを大切にしながら過ごしていきたいなと改めて思わされた大切な作品です。

 

感動する映画の紹介ブログ

おすすめ映画日記 感動映画